便利屋(ごみ処分・ごみ処理など)は栃木の北條商会

「ゴミ」の定義は何ですか


不用なものとして廃棄された物のことです。ごみ・糞尿などの生活廃棄物、廃油・汚泥なども含まれます。
しかし、不要なものであっても、ダンボールや空き缶のように有料で引き取ってくれた場合は「ゴミ」ではなくなります。ただし、有料で引き取ってもらったとしても、運送費がその売価よりも高かった場合など、かかった費用を総合してマイナスになればそれはまた「ゴミ」となります。
「ゴミ」の処理には「マニフェスト」が必要となります。きちんと処理の手続きを行いましょう。
(「ゴミ」を収集運搬や処理の許可がない業者に渡し、処理運搬を委託すると罰則の対象になります)


廃棄物に関して、何か罰則はありますか?


廃棄物を不法投棄すると厳しく処罰されます。
主な罰則内容は、5年以下の懲役若しくは、1,000万円以下の罰金(法人であれば1億円以下の罰金)となっています。
一般的に、不法投棄の問題が起きたとき、メディアで取り上げられるのは産廃業者ですが、実は無許可の業者に処理を委託した側(排出者)にも責任はかかってきます。ご注意ください。


蛍光灯の処理は可能ですか?


水銀灯・蛍光灯・乾電池もパートナーと提携し、リサイクル処理可能です。